大事な性行為の時に勃起しないってテンションも下がるし、惨めな気持ちになりますよね?

落ち込んで自信を喪失してしまう人も少なくはありません。

 

ましてや40代でEDになると、もう若くないからと何かと理由をつけて諦めモードになるのも事実です。

気持ちは分かりますが、ハッキリ言ってまだ男を捨てるのは早いです。

 

70歳以上になっても現役の方もいらっしゃいます。そもそもの勃起不全になる原因を知る事が解決の鍵になってきます。

 

まずは、加齢が原因の身体的な勃起不全です。40代以上の勃起不全は高い確率でこれが理由です。

誰でも年齢を重ねていくと、どうしても衰えてくる部分は沢山あります。

 

詳しく言うと血管が関係していて、血液の流れが悪くなる動脈硬化が大きな原因です。動脈の壁がどんどん分厚くなり弾力性も無くなってきます。

このことで血液を送る作用が弱くなってしまうのです。勃起は血液が男性器に集中することで起きるので、血流が悪くなってしまうのは大問題です。

血管が収縮して血液がだだでさえ流れにくいのに、日ごろの不摂生で血液がドロドロになっていたら致命的です。

それをちゃんと改善しないと、良くなる可能性がある勃起不全も希望が無くなってしまいます。

 

次は、ストレスが原因で起こる心因性の勃起不全です。40代に突入すると今までとは違い、職場でも家庭でも大きなプレッシャーにさらされる事が増える年齢でもあります。

 

例えば、性行為を絶対に成功させて相手を喜ばしてやる!という強い意気込みも時にはストレスになります。

 

中折れしてしまい相手に、無理しなくていいよと言われるのも心にはダメージが大きいです。ストレスを適度に発散したり、妊活中の方はパートナーと共に乗り越えていく事も重要です。

自分の原因を探ることは、大きな一歩だと思います。