ペニスが小さい、または短いことは男性にとっては非常の大きな問題です。

人によって違いはありますが、コンプレックスで女性と付き合うことができなくなってしまったり、心理的なインポテンツになってしまう人もいるくらいです。

生まれつきのことなので、そのままで諦めてしまう人も多いでしょうが、長茎術という手術方法があります。

 

長茎術はペニスのサイズ、具体的にはペニスの長さを手術によって長くする方法で、以前にはペニスのメスを入れて切らなければならない手術でありましたが、最近ではペニスにメスを入れなくてもペニスの長さを長くする切らない長茎術も増えてきています。

 

切らない長茎術は簡単に言えば、奥に埋もれているペニスの部分を引っ張り出すという方法で、誰でも2センチ程度は埋もれている部分を引っ張り出すことは可能です。

ただし、切る長茎術よりも長くできるサイズは劣ることが多いですが。

 

長茎術でサイズアップを希望しているけれども、それほどのサイズアップを望んでいない人や仮性包茎の治療と同時に長茎術を望んでいる人にはメリットが多いと思われます。

 

切らない長茎術は切る長茎術と比べると手軽にできますし、術後のダメージが少なくて済みます。

それに治療費用が切る長茎術と比べると安くつくことも事実です。長茎術は健康保険が適用されませんので、治療費がそれなりかかってしまうことを考えると治療費が安くつくのは大きなメリットんなるかもしれません。