ペニスは男性の性シンボルであり、大きいことでそれだけ男性としての自信へと繋がります。

だからこそ増大への願望も強く、手術を希望するかたは珍しくありません。長さはもちろんですが、亀頭の大きさや陰茎の太さは女性を満足させるために必要だと考えるかたも多いでしょう。しかし、思春期以降大きさに変化が出るものではありませんから、コンプレックスを持っているかたは手術で変化を出すしか手がありません。

 

そんなペニス増大手術ですが、長茎術とは異なり大きく切開をせずに注射のみで手軽に行うことが可能です。

そのため、一般的にはリスクも少ないと考えられています。ペニス周りをかさ増しする成分を注入し、大きさ、ハリ、硬さをアップさせることができますが、その成分と注入量によって料金や大きさが維持できる期間などが異なりますので、医師と相談をして必要に応じた成分と量を入れるようにするといいでしょう。

 

たとえばヒアルロン酸注入手術は比較的安価で量を入れやすいのですが、少しずつ身体に吸収されていきますので一生涯状態を維持できるわけではありません。

アクアミドはヒアルロン酸よりも高価になりますが、半永久的にペニスを増大させた状態を保てますし亀頭部の増大にも相性のいい成分だと注目されています。しかし、ヒアルロン酸のように溶けないために簡単には形を変えられなくなり、丁寧な施術の技術が求められます。

 

ペニス増大術は注射のみで対応が可能ですから、手術時間も短く体への負担が軽くなります。

ただし、性器は非常に敏感な部位ですから、手術後に違和感を覚えたり機能に不具合が出ることもないとは言い切れません。くれぐれも事前のカウンセリングでしっかりと打ち合わせができ、アフターフォローも万全な信用のできるクリニックで手術をするように注意をしてください。

これから増大術を受けようと思っている方へ

男性にとっては、ペニスの大きさや長さなどは時によってはコンプレックスになってしまうこともあることと思います。

それは女性にとっての胸の大きさのコンプレックスとも似ているような気がします。でも、それが原因で消極的な性格になってしまったり、人との付き合いがうまくできないというようなケースもあるようですね。

 

様々な理由があって増大手術をこれから受けようと思っている方へ色々な情報や注意点などを調べてみましたので、ご参考になさって下さい。

 

まず、ペニスの増大手術といっても様々な方法があります。

 

まずは、長茎術という方法があります。

この手術1つをとってもメスを入れる方法とメスを入れない方法があるそうですよ。

 

メスをいれる場合のデメリットとしては、術後に入院や通院をしなければならないことと手術費用が高額になってしまうことがあげられます。

金額はクリニックによっても多少の差は出てきますが、代表的なクリニックとしては高須クリニックで50万円

 

逆にメスを入れない場合のメリットは費用も安く、時間もかからず、術後に通院する手間も省けます。

代表的なクリニックとしてはABCクリニックで15万円になります。

 

他にも増大注射という方法があります。

この方法はヒアルロン酸やコラーゲンなどの薬剤をペニスに直接注射することで簡単に増大効果が期待できます。ですが、この増大注射の場合は時間が経つと効果がなくなってきますので、手術費用は注射の本数や量でも変わってくるということになります。

 

代表的なクリニックとしてはヒルズタワークリニックの1本で5万円~だそうです。

 

このようにどの手術方法を見ても金額的には相当な負担になってはしまいますが、もし、手術を受けて、自分に自信が持てるようになったり、積極的に女性とも話せるようになって、人生が変わるかもしれない可能性もあるわけですよね。

迷っている方はまず、クリニックに相談をしてみてはいかがでしょうか。