包茎は「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の三種類に分かれますが、人によって度合いは様々です。

大切な男性器に手を加えるわけですから、どうしても慎重になりますよね。

 

自身の状態に合った治療法を見出していかないといけませんが、日本では男女共に「仮性包茎」は手術しなくても良い、「真性包茎」と「カントン包茎」は手術した方が良いという認識が多いようです。

包茎が起因する悩みは、治療するまでずっと付き合わないといけないのですから、気になる人はずっと悩み続けるよりも治療して気持ちを楽にした方が精神的にも負担が減ります。

 

昔は包茎の治療法は1種類しかありませんでしたが、近年の医療の発達により、包茎治療の種類も豊富になりました。

特定の医院独自の治療法というのもありますが、一般的に十種程度の治療法が確立されています。

 

治療法の中には保険が適用できるものもあります。

また、痛みがほぼ無いような治療法や、高度な技術力が求められるため医師によって左右されるもの、どれだけ上手に行っても跡が残ってしまうものなどそれぞれにメリットとデメリットがあり、どれが良いかは人の解釈によるのでここでどれが良いというのを断言はできません。

 

しかし、医院を選ぶ際にその医院がどういう治療法の認識を持っていて、どの治療法を用いているのかを問い合わせてみると良いでしょう。

 

また、その治療法におけるメリットとデメリットもしっかり聞くようにしましょう。

メリットしか説明しない医院は絶対に避けましょう。

どの治療法にも必ずデメリットはあります。

 

包茎治療を受ける人は、そのデメリットを許容できるかどうかで医院を選ぶようにした方が良いですよ。