yoyaku

この方法ならリーズナブルな費用で包茎治療ができます

 

包茎という、男性特有の悩みが在ります。

これは、陰部が皮で覆われた状態であり、真性包茎、嵌頓包茎、仮性包茎が在ります。

 

真性包茎は、「手で剥く事ができない状態であり、陰部が勃起をしても剥けない状態」であります。

嵌頓包茎は「真性包茎の状態で、包皮が狭い状態である場合に、包皮を剥いた事に因って陰部に著しい浮腫が起きたとき」、仮性包茎は「陰部は、普段は皮で覆われているものの、剥ける事が可能な状態」を意味しています。

 

包茎ですが、放置すると衛生面に問題が生じます。

皮で覆われている陰部に垢が溜まると、最悪の場合は組織が壊死するだけでなく、癌に罹患する恐れが出てきます。

 

性行為をする場合、相手方に対して何らかの疾患を罹患させてしまう恐れも出てきますし、包茎は放置しておくと好ましくない疾病等として認知されています。

 

包茎でない状態ですが、陰部が勃起をしていなくても亀頭部が常時露出しているときとされています。

身体が大きくなるにつれて、陰部が自然と包茎でなくなったとしたら、異性と付き合えるでしょうし、悩みを抱える事は無いに違いありません。

 

包茎の場合、真性及び嵌頓包茎のときは、保険診療によって包茎手術ができるようになります。

ただ、保険診療の包茎治療の場合、手術痕が残るそうであり、自由診療の包茎手術を希望する人は少なくないとされています。

 

仮性包茎の人は、女性と性行為が一応はできるとされています。

ただ、陰部に付着している垢が原因で、女性が子宮癌に罹患するリスクは否定できませんし、仮性包茎の人はパートナーの健康維持のために治療を受けるようです。

 

社会保険が適用される、真性及び嵌頓タイプの場合、自由診療では割引が適用されたときは6万円程度で施術ができるとされています。

この、割引ですが、クリニックの自社サイトを経由して申し込んだ場合に適用されるそうであり、オンラインで相談並びに申し込みをする人は非常に多いといわれています。

 

また、自由診療でしか施術ができない仮性包茎ですが、クリニックの自社サイトから、オンラインで申し込みをした場合は4万円程度で施術が可能となります。

仮性包茎では、自慰行為する程度では問題は無いかもしれませんが、異性がいる場合は気にすべきでしょう。

 

包茎には、施術部位を切る場合と切らない場合とが在ります。

費用ですが、前者の方が負担は大きいです。

ただ、人によっては、施術部位を切るかどうかは自由意志に委ねられているので、切らない場合の方が費用負担は割と軽いです。

 

格安で包茎治療をしたいと思っている人がいる場合、仮性包茎と診断を受けた人であるときは、自由診療しか適用されないものの、クリニックの自社サイトからオンライン予約をすると費用負担が軽くなるので、この「裏技」は活用すべきでしょう。