kokuhaku

医学的治療が必要な包茎治療であれば、格安になります

 

私は女性(主婦)ですが、主人が結婚前に包茎治療を行い、いろいろと話を聞いたり、回復するまでの様子を間近で見てきました。

今回、主人の許可も得ていますので、ご紹介します。

 

大手男性成形外科に相談しに行ったり、インターネットでどういう手術をするのか調べたりして、「保険が適用されない」と思われる方も多いと思います。
また、大手クリニックではなく、名前も聞いたことがない激安クリニックを選択肢に入れる方もいらっしゃるでしょう。

 

実は、格安クリニックでなくても、2~6万円で手術を受ける方法があります。

 

それは、保険適用での泌尿器科での手術です。
しかし、保険適用で手術を受けるには、ペニスの状態によります。

 

医学的治療が必要な包茎とされているのは、「真性包茎」「カントン包茎」の2種類のみとされています。

仮性包茎」は保険適用外となります。

 

「真性包茎」は皮をむくことができない為に、精液などのカスが溜まると悪臭を放ち、ペニス自体がダメになってしまいます。

ペニスにできるガンのリスクも出てきます。

「カントン包茎」は皮をむけるけれども、勃起すると亀頭が隠れてしまい性行為ができない包茎です。

 

この2つに関しては、男性の体によくありませんし、結婚して子供を望むなら解決しておかないと、性行為もできません。

ということで、主人はインターネットなどで調べて、当時一人暮らしをしていたアパート近くの泌尿器科で診察を受けました。

 

医師の診察では、「仮性包茎」に近い「真性包茎」と診断し、レーザーでかぶさっている皮を焼いて取る手術をすると説明されたのですが、「仮性包茎」では保険が適用されないので(保険適用外なら18万以上)、「真性包茎」で扱ってくれと頼みこんで、医師が再度診察して、「まぁ、真性包茎に近いから」ということで、保険適用で手術することになりました。

 

保険適用手術ですから、亀頭部にキャップをつけてレーザーで一気に焼き切るという手術で局部麻酔をかけての手術でした。
手術時間は術後出血など異常がないか確認しての日帰り手術で6万円でした。

 

その日は、麻酔がキレてからが地獄でしかもファスナーや服にこすれるので、レーザーで焼きながら止血しているものの当たると死にそう(泣)だったそうです。
痛み止めや抗生物質などの薬は頂いて飲んだけれども、局部をいじくり倒されたのは、男として苦痛らしいです。

 

ですから、週末にデートしたくても、無理やり歩いて待ち合わせ場所に来るのはいいけれど、局部はガーゼでくるんでいても、服やファスナーでこすれるので痛くて凹んでいたので、痛みが治まるまで(約3週間ほど)は、私が彼のアパートに行って、ご飯を作ってあげたり、洗濯物や、普段必要なものの買い出しに行って、デートどころではありませんでした。

 

1か月後、ようやく完全に痛みもとれて、医師からも通院の必要なしと許可が出て、大喜びでした。

術後1週間に一度経過観察で診察に行かなければいけなかったのが嫌だったらしく、会社の人と遭遇したらという恐怖で一杯だったようです。

 

保険適用での手術の利点は、やはり高額な手術費を払わなくて済むということです。
しかし、「治療」という理由でなければ、病院も保険適用にはしてくれません。

 

それと、手術後に保険適用内の薬を処方してくれることですし、定期的な診察を受けれることです。
しかし、一部に術後のデメリットを説明しない医師もあるようで、主人はデメリットについての説明をきちんと聞きました。

 

というのは、綺麗に手作業で切開と縫合をする医師はいるのですが、普通の泌尿器科での包茎手術ということになると、手作業での切開と縫合はせず、レーザーで焼くなどして、どうしても傷口が残ってしまい、ペニスがピンクとドス黒ピンクに分かれてしまうのが、デメリットということです。

 

性行為には影響はないのですが、気にしてしまう人は気にしてしまうようで、主人は、「こうなんだけど。変だよね」と恥ずかしそうにペニスを見せてくれました。

手術したんだから仕方ないよ。そんなので男の価値が決まるわけじゃないし」と言ったら、すごく安心していました。

 

今は、主人が受けた手術方法よりもっと傷口が目立たず、ツートンカラーのペニスにならないように処置してくださる自由診療のクリニックも増えてきています。

 

まず、包茎で悩んでいる男性のみなさんへ。
自分の包茎を自己判断せずに、泌尿器科で診てもらうのが先決で、保険適用の包茎手術が可能でも評判のよい病院を慎重に選ぶのが大切です。

 

大手クリニックさんがきれいに手術してくれるという保証は少なくて、高い手術料だったのに、実は保険適用を受けれる手術でオプションでパールなどを入れられて、女性に嫌われたというケースもありますので、まずは、泌尿器科で診てもらいましょう。